宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は武田信玄の生誕の碑を紹介したので、この旅のお土産もいっしょに。

その名も“信玄餅”ですが、(知りませんでしたが)お店のHPに「20世紀を代表する土産品アンケートで全国26位にランクイン!」と宣伝していたので、大概の方は食べたことあるのかも。


桔梗信玄餅


そうならば話は早いのですが、実は今回躑躅ヶ崎館を訪れたから信玄餅をわざわざ買ってみたわけでもなんでもなく、そもそも大好きだから“わざわざ”買ったのでした。

~信玄餅と私とクマさん~
幼年期はひたすら父上の出張のお土産「安倍川餅」が一番のお気に入りだったのですが、ある時この信玄餅の「黒蜜」の味を知って以来、もう病み付き。蜜ばっかり舐めているクマとほとんど同じ気持ち・・・(たぶん)。

と、そんなところで、別に甲府観光でなくても、長野にスキーに行こうが、何かと話題の草津温泉に入りに行こうが、帰りは信玄餅です!!!
温泉饅頭買ってあっても、途中下車して信玄餅追加です!!!

【注意】
この信玄餅は車内で食べると後で掃除が大変です。家まで我慢しましょう。


(後記)
そういえばなぜこの餅が信玄餅なのか考えたことなかったですが、信玄ゆかりのエピソードとかあるのでしょうかね?・・・知らないままのがよさそうなので調べないでおきます。

ちなみに東海道の定番 安倍川餅にはアンコときな粉の2種類味わえるうれしさがあるので、静岡に行ったときはいつも「こっこ」と迷っています。
  VS  

どっちもおいしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。