宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日「風林火山」の放送で、純情きらり原作の「火の山-山猿記」のゆかりの地を訪ねる「火の山☆きらり旅」の帰りに立ち寄った静岡県富士宮市の「山本勘助誕生地の碑」が見事に紹介されていたずら!

風林火山☆きらり旅:山本勘助誕生地

あの摩利支天(まりしてん)騎像が岡崎からすぐそこの愛知県豊川市にあるということで、それじゃ、ちょっくらきらり旅ずら。

tyoukokuji01.jpg
武運山 長谷寺 (ちょうこくじ:愛知県豊川市寺町)

摩利支天(まりしてん)像は襟掛本尊というくらいで、たった5.5cmしかなかったずら。

最後に、摩利支天像拝観日は

毎週土・日曜日
午前9時~午後4時

となってるので注意するずらよ。

----------------------------------------------
(おまけ)
今回高速で行ったので、こころなしか千万町茅葺屋敷行ったときより早く着いた気がした・・・。
ところで、マイナビでは長谷寺が出てこなかったのでまずは牛久保駅狙いで行って、周辺に来てから、寺町を探しましたが、結果的にJR飯田線 牛久保駅から延びている道をまっすぐ、信号2つ過ぎて左側にあり、写真にも写っている山本勘助の旗が急にたくさん道路わきに並んでいるのですぐ見つかります。迷ったら一度牛久保駅に向かってみてください。

電車で行ってみようという方へ
JR飯田線 牛久保駅からは上記のとおり信号2つちょっとなので、5分ぐらいで歩いていける距離だと思います。

風林火山・勘助ブームの影響か、普段もなのかはわかりませんが、私が散策していたときは牛久保駅にタクシーも待機していました。(土日だからかも)

原作 楽天ブックス

風林火山改版

Amazon
楽天
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。