宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦争画は戦意高揚のため軍部が推し進めたもので、各地の「聖戦美術展」で、終戦までの間に5千点以上公開されたようです。

生活のために描く者、出征行く兵士を応援するために描く者、自分の書きたい絵は他にあると弾圧に屈せず描かない者いろいろな画家がいたと思いますが、すでにエコール・ド・パリで有名であった藤田嗣治にとっては、描きたい・描きたくないという意思とは関係なく、軍部からの要請に従うしか選択はなかったと想像します。戦時中、有名な歌手が慰問に戦地に赴いた話などは聞いていましたが、藤島武二らと大陸へ派遣された藤田嗣治の従軍記の、藤田嗣治の上海到着を待っていたのが、海軍班の文壇部隊として先に従軍していた菊池寛、吉屋信子、吉川英治、佐藤春夫らだったし、その後、帰国時には山田耕筰一行と入れ替わりになったそうです。

後に戦後、当時ほとんどの画家が戦争画を描いたのにもかかわらず、これも著名なせいか、ほとんど”戦犯”に近い扱いを画壇から受けながら日本を永遠に去っていったそうですが、「湖畔」などの作品が重要文化財にも指定されるほど評価の高い今話題の日本美術の巨匠 黒田清輝も、1894年日清戦争に従軍し、戦争画を数点描いてたのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。