宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「純情きらり」そっちのけで藤田嗣治にはまっている私にとって、「黒田清輝」は日本を代表する画家というだけでなく、東京美術学校の西洋画科の教官として若き藤田嗣治の前に立ちはだかり、ある意味、その後のパリではじけた藤田が大成功するきっかけを作った人物だと思います。岡崎市で藤田嗣治の作品を展示しているそんな中、黒田清輝の作品が岡崎のすぐ隣、豊田市の豊田市美術館で今日から開催されることは、本当にすばらしい巡り会わせが続くとちょっと感動です。

1900年にパリで開かれた万国博覧会で銀賞を受賞した「知・感・情」も観れる絶好の機会。そんなわけで、皆さんもどうぞ。

黒田清輝展 豊田市美術館

開館時間=午前10時-午後5時30分
観覧料=一般900円[700円]/高校・大学生700円[500円]/中学生以下無料 、 ( [ ]内は前売券)
浴衣割引=会期中、浴衣でご来館の方は前売料金でご覧いただけます。


なんと「湖畔」の合わせてか、「浴衣のキミは半額で~♪」

(おまけ)
パリ万国博覧会、当時中学生だった藤田嗣治も日本の中学生の代表として水彩画を出展していて、この出来事が藤田青年を画家を目指す決意をさせたということですが、同じパリ博で名声を得た黒田清輝とはこのころからつながりがあったのですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。