宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、八丁味噌が戦争中もなんとか続いた理由について紹介しましたが、今日は、気になる桜子の接待の効果を歴史上振り返ってみたいと思います。

結論・・・市議会議員に陳情しても効果なし

八丁味噌休業宣言 昭和十五年八月二十八日
陳者去る八月十七日商工省令第四四丸号を以て味噌販売価値発令甲府せられて九月一日より之が実施せらる事と相成申候
右指定価値は従来の八丁味噌公価の三分の一方引下げに付到底此儘営業続行不可能の事と相成申候 事此処に至る迄には当局各方面に対し八丁味噌の実質価値等詳細具申陳情致候へ共不幸にして我々の主張を容られず遂に事実上製造禁止と同様の立場と相成甚だ遺憾の次第に御座候・・・
(引用 松井家文書より)


なぜ、商工省の人に食べさせなかったんでしょうか?きっと食べさせていれば・・・あの議員さんみたいに、いただけるものはいただいておきますってことで、やっぱり変わらないか~。

ところで、「純情きらり」では議員さんは掛け軸ばかりに目をやりますが、
「さすがは山長さん、よい石灯篭ですな。わっはっは。」
とかいうのはないんでしょうか?(岡崎は石灯篭も有名なんですけどね・・・)

もちろん、オチは躓いて崩してしまった灯篭を上下逆さまに載せなおして、
「うん、これのが面白い!」
と言ってもらいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。