宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「なぜ、そんな田舎に落としたのか?」
第1回 岡崎空襲をはじめて知ったとき、疑問に思ったことがありました。(参考:第1回 岡崎空襲:昭和20年1月5日午前5時20分

翌日の新聞記事にその答えが垣間見れましたので、紹介します。

四千米の高空から煙草の火も見える
      岡崎市近郊爆撃は灯管の不備(1945年01月06日:中部日本新聞)

五日未明に進入したB29一機は岡崎市近郊に爆弾、焼夷弾を投下したが、落下箇所は日ごろから灯火管制の成績不良といはれ、一点の火がいかに敵機の狙ふところであるかを如実に物語っている。・・・
(引用元:岡崎市郷土史、「岡崎市近郊が爆撃される」)


この資料を見る限り、深夜に行われる空爆は、民家から洩れる火などの何かの目印を元に爆弾を投下していたことのようです。

余談ですが、画家 藤田嗣治も「第一次大戦中パリにいたとき、アパートの住民に灯りを消すように何度も注意されながら、絵を書いていた」と読みましたが、標的になってしまうことの恐ろしさがよくわかりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/01/10(Thu) 17:56 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。