宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
召集令状(いわゆる赤紙)が達彦のところにも届き、出征することになりました。

戦争を知らない世代の私は、(教育のせいか?)出征する人は皆さんいやいや、もしくは無理やりに行かされていたのだと思ってきましたが、「純情きらり」をきっかけに郷土「岡崎」を見つめ直している中、(小中学校の授業でも一度も扱われなかった)「岡崎空襲」の話を知って、達彦も出征時にこう考えていたかも知れないと思うようになりました。

「愛する人を守るために・・・」

その想いは届かず、本土が爆撃機の射程範囲に入ると、岡崎も3回の空襲を受けます。「純情きらり」がなければ「岡崎空襲」のことを聞くこともなく暮らしていったかもしれませんが、桜子の生きた時代の「事実」として、ここに引用・紹介したいと思います。

~昨昭和二十年一月五日午前五時二十分 B29一機 市の東郊洞町の農村部落に六ポンド油脂焼夷弾を投下して、戸数八、面積二百五十坪の焼失を見ました。~
(岡崎市郷土史より一部抜粋)


最初の爆撃は幸い人的被害はありませんでした。

~つづく~
(できるだけ多くの方に伝えるため、これだけはドラマより先に書きますのでご理解願います)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。