宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「純情きらり」の桜子の生きた激動の昭和をもう一度振り返ってみる特別企画「桜子とその時代」展。今日は昭和13年です。
桜子17歳―1938年(昭和13年)―

◆1月16日 近衛声明
◆4月1日 国家総動員法公布
◆7月15日 第12回オリンピック東京大会中止、万国博覧会延期を決定
◆7月30日 張鼓峰事件
◆9月18日 太宰治 石原美津子さん(津島佑子さんの母で笛子のモデル)とお見合い
◆9月29日 ミュンヘン会談
◆10月10日 藤田嗣治 海軍省嘱託として、藤島武二、石井柏亭、石川寅治、田辺至、中村研一とともに中国へ派遣され、漢口攻略戦に従軍(同年 黒田清輝も中国・山東省に従軍)
◆11月6日 太宰治と石原美津子の婚約披露の宴が開かれる

桜子の想い出アルバム

◆達彦の演奏会開催 桜子も時間稼ぎにピアノを弾くも学芸会レベルと厳しいヤジを受ける(喫茶マルセイユ)
◆音楽学校受験のために上京 杉冬吾との出会い(マロニエ荘)
◆岩見沢るり子との死闘(西園寺邸)
◆生ジャズとの出会い(ダンスホール ニュー・オリンズ)
◆姉笛子が杉冬吾と運命の出会い(マロニエ荘)
◆山長当主となった達彦との密会(神社の結び文経由)


【関連記事】
桜子とその時代―戦時の岡崎―
桜子とその時代―1937年―
桜子とその時代―1930年岡崎―
桜子とその時代―1928年岡崎―
桜子とその時代―1928年―
桜子とその時代―1921年岡崎―
桜子とその時代―1921年―
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。