宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春から夏にかけての入梅前のこの時期、私の好きな季節です。そんなわけで、「火の山―山猿記」きらり旅も四季を感じるこんなところから初めてみます。

勇太郎にとって小太郎との想い出の場所「大正池」。甲府を北へ山を上がっていったところにありました。道端の“日向に咲く”花を見ながらゆっくり登りましょう。

大正池までの花1いずれ文目か杜若・・・菖蒲では・・・


大正池までの花2  「陰日向に咲く」花ではありませんよ。「日向」に咲いています。


大正池までの花3上を向くと木にも花が咲きほこっていました。


大正池までの花4  大きな花も・・・


大正池までの花5小さな花も・・・


大正池までの花6  普段はきにならない花でも撮りたくなる気分。


大正池までの花7甲府をきらり旅中、よく見かけました。


大正池までの花8いずれ文目か杜若・・・また菖蒲では・・・


はい、やっと着きました。

大正池までの花1

大正池

氷はさすがにはっていませんでしたが、ここで源一郎の理論に基づいて、小一郎がすばやく滑っていたのですね。


【関連記事】
原作「火の山-山猿記」読破まで残り48%
原作への挑戦:津島佑子「火の山―山猿記」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。