宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「家康ゆかり旅」本体はまだ初代「親氏ゆかり旅」の途中までしか紹介していませんが、「街道てくてく旅」が旧東海道を歩いているので、臨時で紹介しています。

ここ「法蔵寺」は藤川宿の手前、本宿にあり、徳川家康が幼少のころ書道や漢学を学んだところとして知られています。
法蔵寺


家康公お手植えの桜やお手習いの硯水井戸、硯箱などの書道など 家康幼少時の遺品も残っています。

少し不思議ですが、法蔵寺にはこういう史跡もあります。
新撰組隊長近藤勇首塚
新撰組隊長 近藤勇首塚

なぜここにあるかは、来ると説明があります。「なるほど。」

石段を降りる途中、お月様が綺麗に見れました。
法蔵寺から見たお月様

ツキがあるかな?


【関連記事】
「街道てくてく旅」の岩本輝雄さんがついに愛知へ
(参考)来れない遠方の方へ簡単な説明
近藤勇が生前、(元々は新京極の和尚であったが転任していた)ここ法蔵寺の住職を敬慕していたこともあって、同士が埋葬を依頼したそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。