宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おさげ髪」というと、すぐに「モディリアーニ作 おさげ髪の少女」を想い出します。色合いなのか、タッチなのか、軽く口を開いた少女の表情なのか、それらの相互作用なのか、とにかくずっと観ていても飽きない魅力があり、美術の教科書の中で一番好きだった作品でした。

そんな「モディリアーニ作 おさげ髪の少女」が日本にあるって知ったときは感動したし、さらにそれが名古屋にあるって聞いてびっくりした想い出もあります。

ということで、純情きらりのロケ地岡崎の観光のために、愛知県に来られた時は是非「名古屋市美術館」でホンモノに出会ってみてください。個人的には混んでる八町味噌蔵よりお勧めです。(←これは内緒です。)「おさげ髪の少女」は超人気なので海外の展覧会へ出展中のときもあったりしましたが、今のところは常設展示しています。
名古屋市美術館・常設展

「モディリアーニ作 おさげ髪の少女」の簡単な学習はこちらでどうぞ。このモディリアーニも(後に天才画家と言われる人によくあるように)、生きている間はほとんど無名で悲劇の画家でした。
美の巨人たち―モディリアーニ「おさげ髪の少女」

(ポスターの長い髪の姿などからしてみて、時代の移り変わりとともに桜子(宮崎あおいさん)の年齢は髪型と服装で表現すると思われるので、次に愛知県に戻ってくるときはおさげでないかも知れません。)


【関連記事】
桜子とその時代―1930年岡崎―
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。