宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の純情きらりから、視聴者の皆さんが抱く素朴な疑問にお答えします。

といっても、達彦さんは音楽学校を受験できるのか?ではありませんよ。達彦さんは達彦さんでも岡崎六所神社の階段を上ってくるシーンからです。

これまでに、幼少の桜子が徳治郎の家に行く時や、キヨシとの決闘、また女学生の桜子が達彦から楽譜を渡されるときにも登場してきましたが、岡崎六所神社の階段って結構きつく感じませんでしたか?

岡崎六所神社

実はちゃんと横にはなだらかな道があります。これまで、朱色が鮮やかな岡崎六所神社に一度は行って見たいと思ったけれど、あの階段はちょっと無理そうと思い留まっていた方はこのわき道をどうぞ。(この道は奥の駐車場に行く道路でもあるので、車にはくれぐれもご注意を。)

階段を登る人は、桜子や達彦の気持ちで上がるのもいいですが、この階段、江戸時代には5万石以上の大名しか上ることを許されなかったとのことですので、大名気分で上ってみるのもいいかもしれません。(大名も横のなだらかな道から登りたかったに違いないと、きっと思うことでしょう。)

ちなみに、何ゆえ5万石以上かと言いますと、岡崎は石高が5万石だったからです。つまり、6万石以上だと岡崎城主も上れないので上る人がほとんどいなくなってしまいます・・・


【関連記事】

「純情きらり」ロケ地きらり旅:岡崎六所神社-蟇股の動植物園へどうぞ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。