宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜子の生きた激動の昭和をもう一度振り返ってみる特別企画「桜子とその時代」展。ドラマはいきなり1937年に飛びますが、今日は「西園寺公麿岡崎に来たる!」にちなんでこんな面白い記録を紹介します。桜子が9歳の岡崎です。

川上貞奴が来ました!

貞奴の名は誰も知らない者はない今日迄、ツイに一度も岡崎へ来た事がありません、其貞奴が今日六十の座員を引き連れて愈々十二月三日から全井座に於いて華々敷く開演し、実に面白くてわかりの好い、賑やかな而して極めて美しくて新らしい劇をお目にかける事になりました。

芸題
第一 お蝶婦人 二場    破天荒の人気
第二 ジャンダーク 五場  抱腹絶倒
第三 成功疑いなし 三場

(昭和5年12月3日 松井家文書より抜粋)



日本の女優第一号といわれ、海外でも「マダム貞奴」として人気を博した川上貞奴。そんな売れっ子が「岡崎に来たる!」ということで、記録が残っていました。川上貞奴一団の芸題に"お蝶婦人"があったり、その宣伝文句の「破天荒の人気」やら「抱腹絶倒」という表現も昭和初期当時の文化や流行を少し味わえたような気がします。川上貞奴がどんな人か興味をもたれた方はこちらもどうぞ。
(参考)
成田山貞照寺;川上貞奴
川上貞奴vs三浦環
その時歴史が動いた 第175回 女優誕生~マダム貞奴、「オセロ」初演の時~
ウィーン万博後の日本ブーム―川上音二郎・貞奴の公演

最後に、愛知県には川上貞奴ゆかりの建物「二葉館」があります。とても綺麗な外観が印象的な二葉館は名古屋城に近いので、名古屋観光では是非セットでどうぞ。
(参考)
文化のみち二葉館 名古屋市旧川上貞奴邸


【関連記事】
桜子とその時代―1928年岡崎―
桜子とその時代―1928年―
桜子とその時代―1921年岡崎―
桜子とその時代―1921年―
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。