宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「純情きらり」の原案(原作?)である津島佑子さんの「火の山―山猿記」。読みきる自信はまったくないけれど、とにかく読んでいきます。(読んだ割合のバーの色が「緑」→「黄色」→「赤」に変化したら「やっぱりごめんなさい」ということでお願いします。)

読破度
読破バー76

純情きらり原案「火の山―山猿記」読破まで残り76%

<一言感想>
「案ずるより生むが易し」ってこういうことね。平日にはとても読む気がしなかったけど、読んでみると、今日はサブタイトルがちょうど「黄金時代」ということもあったせいか、初めて”楽しく”読めました。・・・でも、最後にガガーン。ちょっと"やばい"記載があったので、ココでひとまず休憩。

「どうか今後も幸せな日々が続き、スイスイ読めますように・・・。」

なんかもう短い小説なら1冊分ぐらい終わったイメージですがまだクォーター(quarter;英語で4分の1を意味する ―P)。とにもかくにも、ついに残り1000ページを切ったので、この調子でゴー!ゴー!

――――――――――――――――――――
【関連記事】
原作への挑戦:「火の山」読破まであと80 かわらず
原作への挑戦:「火の山」読破まであと80
原作への挑戦:「火の山」読破まであと83
原作への挑戦:「火の山」読破まであと90
原作への挑戦:津島佑子「火の山―山猿記」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。