宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

2007年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情きらりで挿入歌「夢の翼」を歌ってお茶の間を驚かせた新妻聖子さんが愛知県に凱旋帰国し、八事ハウジングセンターでLIVEします。

八事ハウジング・イベントスケジュール

日時:3月10日(土)14:00~
場所:八事ハウジングセンター


「夢の翼」歌ってくれるかな?

【参考記事】
純情きらり挿入歌「夢の翼」(試聴リンク付)
7/21「スタジオパークからこんにちは」で新妻聖子「夢の翼」生披露
新妻聖子さんが純情きらり挿入歌「夢の翼」に選ばれたわけ
スポンサーサイト
今日は武田信玄の生誕の碑を紹介したので、この旅のお土産もいっしょに。

その名も“信玄餅”ですが、(知りませんでしたが)お店のHPに「20世紀を代表する土産品アンケートで全国26位にランクイン!」と宣伝していたので、大概の方は食べたことあるのかも。


桔梗信玄餅


そうならば話は早いのですが、実は今回躑躅ヶ崎館を訪れたから信玄餅をわざわざ買ってみたわけでもなんでもなく、そもそも大好きだから“わざわざ”買ったのでした。

~信玄餅と私とクマさん~
幼年期はひたすら父上の出張のお土産「安倍川餅」が一番のお気に入りだったのですが、ある時この信玄餅の「黒蜜」の味を知って以来、もう病み付き。蜜ばっかり舐めているクマとほとんど同じ気持ち・・・(たぶん)。

と、そんなところで、別に甲府観光でなくても、長野にスキーに行こうが、何かと話題の草津温泉に入りに行こうが、帰りは信玄餅です!!!
温泉饅頭買ってあっても、途中下車して信玄餅追加です!!!

【注意】
この信玄餅は車内で食べると後で掃除が大変です。家まで我慢しましょう。


(後記)
そういえばなぜこの餅が信玄餅なのか考えたことなかったですが、信玄ゆかりのエピソードとかあるのでしょうかね?・・・知らないままのがよさそうなので調べないでおきます。

ちなみに東海道の定番 安倍川餅にはアンコときな粉の2種類味わえるうれしさがあるので、静岡に行ったときはいつも「こっこ」と迷っています。
  VS  

どっちもおいしい。
「火の山きらり旅」の縁で、山本勘助の生誕地を大河ドラマでも紹介された富士宮の山本から始まって計4ヶ所も回ってしまったので、ここは対抗で武田信玄誕生の地も紹介しておきましょう。

武田信玄誕生の碑


当時「風林火山/武田信玄」目当てに旅していたわけではないのですが、「火の山-山猿記」片手に甲府中を旅していたら偶然見つけた碑です。

前知識なくお出かけするのも、その場その場で意外な発見があるので楽しいですね。まあ、これぞ「きらり旅」ってところでしょうか。

ちなみに1521年(大永元年)に生まれたそうです。


【風林火山ゆかりの記事】
「火の山―山猿記」きらり旅:冬吾とお散歩「武田神社」
「火の山―山猿記」きらり旅:有森家先祖にホウビを取らせた武田信玄ゆかりの館
「純情きらり」の放送に生まれ育った岡崎を見つめなおすきらり旅をはじめて、最初に特集したのが「滝山寺鬼まつり」でした。あれからもう一年が経ってしまったんですね。「芋たこなんきん」パワーに圧され「純情きらり」が全作だったのも岡崎市民でも忘れてしまいそうな今日この頃。

そんな前置きはいいとして、まだまだ書いていないことがたくさんあるので紹介しておきます。(今日を逃すとまた一年後になりそうなので・・・)

歴史の古い滝山寺には宝物殿があって、そこには鬼まつりで有名な鬼面が展示されていますが、実は鬼まつりで使用している鬼面は昭和34年から新しいのを使っているそうです。(ただし、シロウトにはどちらが新しいかわからないほどよくできている)

滝山寺宝物殿


では今日はそのエピソード、

鬼面の新しいのを作るのに当たって彫師が元となる南天の木柱をせっせと彫っていたところ、ビシャっとひびが入ってしまった。そこで彫師が住職に相談したところ、奥さんがいっしょに住んでいる家で製作していたのがまずいということになり、早速奥さんを鹿児島の実家に半年間帰ってもらい、彫師は無事に鬼面を作り上げたとさ。

大槻教授でなくても「選択した木の素性、気候、ノミの加え方の影響でたまたま割れただけ」と突っ込みたくもなるけれど、「鹿児島」が登場するところにリアリティーがあるので、奥さんが帰ったのはきっと本当でしょう。

興味をもったら滝山寺宝物殿で是非聞いてみてくださいね。(入場料300円だったと思います)

―――――――――――――――――――――
【関連記事】
あと少しだけ「滝山寺鬼まつり」:ラストクイズ答え
あと少しだけ「滝山寺鬼まつり」:ラストクイズ
まだまだ「滝山寺鬼まつり」:ブログ編
まだまにあうかな「滝山寺鬼まつり」結果
まだまにあうかな「滝山寺鬼まつり」案内
【岡崎周辺】旬な観光カレンダー
ぴあのピア -頂点を極めた協奏曲-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調」
(ピアノ)小倉貴久子

■小倉貴久子さん演奏の試聴


■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査していません。

■小倉貴久子さん演奏の収録作品
モーツァルトの作品はいくつかありました。

■参考リンク
「メヌエット・デア・フリューゲル~小倉貴久子のページ~」

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
歌劇「フィガロの結婚」序曲



■小倉貴久子さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:001 ジュスティーニ作曲「ピアノのための曲集 作品1-4 ホ短調」(01/08)
ぴあのピア:009 スカルラッティ作曲「ソナタ ニ短調 K.1、ト短調 K.8、ニ短調 K.9、ト長調 K.14」(01/18)
ぴあのピア:010 カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ作曲「チェンバロとピアノのための二重協奏曲 変ホ長調」(01/19)
ぴあのピア:015 ハイドン作曲「ピアノ・ソナタ 第52番 変ホ長調」(01/26)
ぴあのピア:016 ヨハン・クリスティアン・バッハ作曲「6つのピアノ・ソナタ 作品5-4 変ホ長調」(01/29)
ぴあのピア:017 レオポルト・アントン・コジェルフ作曲「ピアノ・ソナタ 作品15-1 ト短調」 (01/30)
ぴあのピア:018 ムツィオ・クレメンティ作曲「2つのソナタ 変ロ長調 作品24-2」 (01/31)
ぴあのピア:019 ヤン・ラディスラフ・ドゥシェク作曲「3つのピアノ・ソナタ 作品9-2 ハ長調」 (02/01)
ぴあのピア:020 カール・マリア・フォン・ウェーバー作曲「舞踏への勧誘-華麗なロンド 作品65」 (02/02)
ぴあのピア:023 モーツァルト作曲「ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調“ジュノム”」(02/07)
ぴあのピア:034 モーツァルト作曲「ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調」(02/22)
ぴあのピア -あらたな音への挑戦-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調」
(ピアノ)小倉貴久子

■小倉貴久子さん演奏の試聴


■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査はしていません。

■小倉貴久子さん演奏の収録作品
モーツァルトの作品はいくつかありました。

■参考リンク
「メヌエット・デア・フリューゲル~小倉貴久子のページ~」

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調



■小倉貴久子さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:001 ジュスティーニ作曲「ピアノのための曲集 作品1-4 ホ短調」(01/08)
ぴあのピア:009 スカルラッティ作曲「ソナタ ニ短調 K.1、ト短調 K.8、ニ短調 K.9、ト長調 K.14」(01/18)
ぴあのピア:010 カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ作曲「チェンバロとピアノのための二重協奏曲 変ホ長調」(01/19)
ぴあのピア:015 ハイドン作曲「ピアノ・ソナタ 第52番 変ホ長調」(01/26)
ぴあのピア:016 ヨハン・クリスティアン・バッハ作曲「6つのピアノ・ソナタ 作品5-4 変ホ長調」(01/29)
ぴあのピア:017 レオポルト・アントン・コジェルフ作曲「ピアノ・ソナタ 作品15-1 ト短調」 (01/30)
ぴあのピア:018 ムツィオ・クレメンティ作曲「2つのソナタ 変ロ長調 作品24-2」 (01/31)
ぴあのピア:019 ヤン・ラディスラフ・ドゥシェク作曲「3つのピアノ・ソナタ 作品9-2 ハ長調」 (02/01)
ぴあのピア:020 カール・マリア・フォン・ウェーバー作曲「舞踏への勧誘-華麗なロンド 作品65」 (02/02)
ぴあのピア:023 モーツァルト作曲「ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調“ジュノム”」(02/07)
ぴあのピア:035 モーツァルト作曲「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調」(02/23)
ぴあのピア -わき上がるメロディー-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ロンド ニ長調 K.485」
(ピアノ)梯剛之

■梯剛之さん演奏の試聴


■梯剛之さんの収録アルバム
プレイズ・モーツァルト(3曲目)

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査はもういいですね。

■参考リンク
梯剛之 公式サイト

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調



■梯剛之さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:027 モーツァルト作曲「幻想曲 ニ短調 K.397」(02/13)
ぴあのピア -熱き芸術家-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調」
(ピアノ)渡邊順生

■渡邊順生さん演奏の試聴

■渡邊順生さんの収録アルバム

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
Cembalo, Clavicordo & Fortepiano

■メモ
生涯2つの短調ソナタ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調

--------------------------------------------------------------------------------
■渡邊順生さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:031 モーツァルト作曲「幻想曲 ハ短調 K.475」(02/19)
今日NHKのプレミアム10「ピアノ・華麗なるワンダーランドへようこそ」で、小山実稚恵さん演奏の「ラ・カンパネラ」をやっていました。

すごい!!!

演奏技法に着目したコーナーだっただけに手の動きに注目していたのですが、見てて本当にびっくり、鳥肌モンの演奏でした。

■小山実稚恵さん演奏の「ラ・カンパネラ」収録作品
リスト・ピアノ作品集 「ラ・カンパネッラ」
リスト・ピアノ作品集 「ラ・カンパネッラ」

ベスト・アルバム
ベスト・アルバム

DVDも出ないかな?

<山実稚恵さん演奏の「ラ・カンパネラ」映像を見逃した方に>
プレミアム10は再放送すると思うので再放送をお楽しみに!

-2/24更新-
明日2/25にプレミアム10「ピアノ・華麗なるワンダーランドへようこそ」が再放送します。(早っ!)前回放送を録画逃した方には小山実稚恵さん演奏の「ラ・カンパネラ」を永久保存するチャンスです。

BS2 2007年 2月25日(日)
午前10:00~午前11:49
あなたのアンコール サンデーの中で放送

今日は一見学者風な渡邊順生さんの演奏だった。古典楽器の第一人者であるそうですが、HPを読んでいたらやっぱり学者みたいにチェンバロ、クラヴィコード、フォルテピアノという古典楽器の解説が詳しく述べられていてかなり勉強になりました。さらに「モーツァルトよりザルツブルクの父に」などというモーツァルトの手紙まで一部読めてしまいました。

ぴあのピア -理想のピアノ-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「幻想曲 ハ短調 K.475」
(ピアノ)渡邊順生

■渡邊順生さん演奏の試聴

■渡邊順生さんの収録アルバム

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
Cembalo, Clavicordo & Fortepiano

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
ピアノ協奏曲 第15番 変ロ長調
ロンド イ短調 K.511

--------------------------------------------------------------------------------
■渡邊順生さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:032 モーツァルト作曲「ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調」(02/20)
山本勘助の両親のお墓がある本願寺の近くには「山本勘助生誕の碑」があります。今日は「山本勘助生誕の碑」へ、山本勘助だけに「山勘」でたどり着けるか試してみてね。


<強引な設定>

主人公・・・山本勘助晴幸(貴方)
お伴・・・ミツ貫地谷しほりさんっぽいイメージ)

----------------
<序章>

ミツ 「ねえ勘助、その襟掛けの仏像、うらにくれにゃあだか?」
勘助 「だめじゃ、この像は摩利支天と言ってな、高野山で授かった勘助の守護仏じゃからの。」
ミツ 「そんなら、摩利支天様の力で うらを勘助の生誕碑まで連れて行ってけろ。」
勘助 「ミツ、その程度のこと、勘助の「山勘」だけで十分じゃ。」
ミツ 「本当ずら?」
勘助 「まあ、見ておれ。」
------------------------
<山勘散策はじまり>

ミツ 「さあ、勘助早く行くずら。」
勘助 「わかった、わかった・・・まっ慌てるな。おっ、いきなりの三方分岐!この辺りは敵が潜んでおるやもしれん。要注意じゃ。」
ミツ「じゃあここで、いきなりだけど、“ミツの豆知識”ずら!このあたり鶴巻は本宮おろしから家を守るための槙の木が高く屋敷を囲んでいて、視界がかなり悪いずら。じっくり選ぶずらよ。」
勘助 「ミツ、その情報どこで手に入れた?もしやミツ、今川の間者か?」
ミツ 「なに変なこと言ってるずら、さあ勘助、どっちに行くずら?」


今日は和服の似合う希愛ピア。大バッハは天才までも刺激したようだ。

ぴあのピア -大バッハとの出会い-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「前奏曲とフーガ ハ長調」
(ピアノ)奈良希愛

■奈良希愛さん演奏の試聴

■奈良希愛さんの収録アルバム

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
奈良希愛 ピアニスト 公式サイト
Classical Pianist KIAI NARA Official Diary
ピアニスト奈良希愛 公式ブログ~希愛の車窓から

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
フルート協奏曲 第1番 ト長調
バイオリン・ソナタ 第29番 イ長調

・セバスチャン・バッハ作曲
プレリュードとフーガ ハ長調

今日もモーツァルトと会話する恵ピア。

ぴあのピア -異国の風が生んだ傑作-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 トルコ行進曲付き」
(ピアノ)伊藤恵

■伊藤恵さん演奏の試聴

■伊藤恵さんの収録アルバム

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
伊藤恵 公式サイト

■メモ

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
歌劇「後宮からの誘かい」序曲
モーツァルトと会話する恵ピア。やけに納得してしまいました。

ぴあのピア -妻への愛が生んだ至福の調べ-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調」
(ピアノ)伊藤恵

■伊藤恵さん演奏の試聴

■伊藤恵さんの収録アルバム

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
伊藤恵 公式サイト

■メモ
土方山本耕史どんがモーツァルトの内面に迫る。私はセネカの有名の言葉があるように、きっとモーツァルトはやさしくしてほしかったんだよと思った。

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
ミサ曲 ハ短調 「ドミニクス」
グローリア、ラウダームス・テ
今日の演奏はピアニストの梯剛之(かけはしたかし)さんでした。梯剛之さんといえば以前岡崎でコンサートをしたこともあるので岡崎市民にとってもなじみが深い人。今日は「幻想曲 ニ短調」への想いがズドッと伝わってくる演奏でした。

ぴあのピア -ウィーンを酔わせた魔法の指-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「幻想曲 ニ短調 K.397」
(ピアノ)梯剛之

■梯剛之さん演奏の試聴

■梯剛之さんの収録アルバム
プレイズ・モーツァルト(4曲目)

■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査はもういいですね。

■参考リンク
梯剛之 公式サイト

■メモ
なんと、そんな梯剛之さんのコンサートがまた岡崎であるそうです。ちょっとした偶然か?はたまた宮崎あおい繋がりか・・・?

梯 剛之 ピアノ・リサイタル

・開催日時
2007年3月23日(金)
開場18:30 開演19:00

・入場料
  全席指定 4,000円
  ※チケット販売中


■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
交響曲 第35番 ニ長調 『ハフナー』



■梯剛之さん「ぴあのピア」出演曲
ぴあのピア:033 モーツァルト作曲「ロンド ニ長調 K.485」(02/21)
きらきら星もこんなアレンジしてしまうモーツァルトがピアノの先生だったとは当時の上流階級は贅沢です。でも、ピアノの街でやっと世間に認められてきて、モーツァルトもうれしそうでした。

ぴあのピア -ピアノの街ウィーンへ-
ナビゲータ 宮崎あおい

■今日の作品
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
「「ああ お母さん あなたに申しましょう」による12の変奏曲(きらきら星変奏曲)」
(ピアノ)伊藤恵

■伊藤恵さん演奏の試聴

■伊藤恵さんその他の演奏
-- きらサーチ --「伊藤恵 クラシック」
Amazon
楽天


■他の演奏者で試聴
昨年大いに盛り上がったのでモーツァルトは調査不要でしょう。

■参考リンク
伊藤恵 公式サイト

■メモ
・3月 30日(金) 06:00~06:55 「ハイビジョン クラシック倶楽部 」で、「林 峰男 ・ 加藤 知子 ・ 伊藤 恵トリオ・リサイタル」が再放送されます。

ハイビジョン クラシック倶楽部「林 峰男 ・ 加藤 知子 ・ 伊藤 恵トリオ・リサイタル」

1. ピアノ三重奏曲 第1番 作品8
2. チェロ・ソナタ ニ短調 作品40から第1楽章
3. ピアノ三重奏曲 第2番 ホ短調 作品67
(ショスタコーヴィチ作曲 )

チェロ : 林  峰男
バイオリン : 加藤 知子
ピアノ : 伊藤  恵


・フランス語で「ああ お母さん あなたに申しましょう」を歌ってくれたフランスで活躍するソプラノ歌手の唐沢まゆこさん。公式サイトでアルバムの視聴ができましたので、是非聞いてみて。デビューアルバム「唐澤 まゆこ/アントワネット~パリからの絵葉書」にはマリー・アントワネット作曲の曲も収録されています。
唐沢まゆこ公式サイト

■番組で使われた曲
・モーツァルト作曲
バイオリン・ソナタ 第32番
「勘助、また分岐路ずら!」

勘助 「うーむ、面白くなってきたわい。」
ミツ 「さあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

「勘助、ここも分岐路ずら!」

勘助 「うーむ、上杉の謀か?」
ミツ 「さあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

「勘助、またまた分岐路ずら!」

勘助 「うーむ、勘助生誕の地にしては観光客が少なすぎるような・・・」
ミツ 「さあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

←左に曲がる   →右に曲がる
↓後退りする

【山勘テスト】のスタートへ
「勘助、東名高速道路ずら!」

勘助 「うわっ、計られたー。」
ミツ 「今日の勘助はいまいち勘が冴えていないようずら。」

東名高速道路
豊川IC東の東名高速道路

ミツ 「じゃあしょうがないから“ミツの豆知識”ずら!そのまま東名高速道路沿いの左側に本願寺の駐車場があるずら。「山本勘助生誕の地」のノボリの奥に見えるのがスタート地点:山本勘助の両親のお墓がある本願寺ずら。ただ遠回りしてお寺の裏に回りこんでしまっただけずらよ。」

本願寺の駐車場
本願寺の駐車場

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「勘助、ここも分岐路ずら!」

勘助 「うーむ、動かざること山の如し」
ミツ 「勘助、座り込んでどうするずら!」
勘助 「おっ、そうであった。」
ミツ 「早く行くずらよ。さあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

←左に曲がる   ↑まっすぐ進む
↓後退りする

【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

勘助 「うわっ、無念じゃ。」
ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れると石巻山へ上って行くずらよ。」

石巻山登山スタート
石巻山登山スタート

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「勘助、やったずら!」

勘助 「ミツー!」
ミツ 「勘助ー!」

山本勘助生誕の碑
山本勘助生誕の碑(豊橋市賀茂町)


ミツ 「勘助の山勘はやっぱりすごいずらね。」
勘助 「実はミツ、山勘じゃのうて、摩利支天様に頼んでしまったのじゃ。」
ミツ 「やっぱり、それうらにくれにゃあだか?」

<山勘散策おしまい>


【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

勘助 「勘助、まだ頭が眠っておるようじゃ・・・」
ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れるとどんどん石巻山へ上って行くずらよ。」

石巻山の蛇穴
石巻山の蛇穴

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

勘助 「勘助、昨日の戦の疲れがまだとれていないようじゃ・・・」
ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れるとどんどん石巻山へ上って行くずらよ。」

ダイダラボッチの足跡
石巻山 ダイダラボッチの足跡

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

勘助 「勘助、今日は体調不良じゃ・・・」
ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れるとどんどん石巻山へ上って行くずらよ。」

地中から頭を出した亀様
地中から頭を出した亀様

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れすぎて石巻山へ上ってしまったずらよ。」
勘助 「山勘ではなく山頂か・・・」
ミツ 「勘助、やっぱり熱があるずらか?」

石巻山頂より遠望その1
石巻山頂より遠望その1

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ。」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
「勘助、横っちょに分岐路ずら!」

勘助 「うーむ、心を読むでござる。」
ミツ 「さあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

↑まっすぐ進む   →右に曲がる
↓後退りする

【山勘テスト】のスタートへ
「勘助、またまた分岐路ずら!もう疲れたずら。」

勘助 「待てミツ、ここが肝心じゃ。」
ミツ 「じゃあ勘助、どっちに行くずら?」

運命の分かれ道
運命の分かれ道

←左に曲がる   ↑まっすぐ進む   →右に曲がる
↓後退りする

【山勘テスト】のスタートへ
「はずれずら!」

ミツ 「勘助の山勘も言うほどのことはないずら。勘が外れすぎて石巻山へ上ってしまったずらよ。」
勘助 「ミツ、あそこじゃ、あそこに「山本勘助生誕の碑」が見えるぞ。」
ミツ 「勘助、やっぱり熱があるずらか?きっと点でしかみえないずら・・・」

ミツ「おまけに“ミツの豆知識”ずら!この石巻山頂あたりは結構最後の階段がきついずら。強風時は落ちそうであぶないずらよ。」

石巻山頂より遠望その2
石巻山頂より山本勘助生誕の碑を望む

ミツ 「勘助、今度こそ うらを連れてってけろ!」
再選択のため前頁へ

【山勘テスト】のスタートへ
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。