宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

岡崎きらり旅-はいりん温泉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡崎のおとなり豊田市には天然ラドン温泉として知られている猿投温泉があります。先に紹介した「ホテル金泉閣」だけでなく、日帰り温泉施設 岩風呂もあり、土日ともなれば非常に混む人気ぶりです。
天然ラドン温泉・日帰り温泉施設 岩風呂

◆ここで、「火の山―山猿記」読破への挑戦の最初の方、挫折しそうになったときに救ってくれたラジウム温泉(原作への挑戦:「火の山」読破まであと83)とラドン温泉は何が違うのでしょうか?

<基本>
ラドン(Rn:原子番号86)はラジウム(Ra:原子番号88)が崩壊してできるガスです。
参考:ラドンのデータ、ラジウムのデータ(杉並学院ホームページより)

<本題>
いろいろ調べてみたけど「ラドン温泉」と「ラジウム温泉」の定義について、明確な答えは見つからなかった。ラドンとラジウムのどっちの成分が多いかぐらいのことではないだろうか?
(夏休みの自由研究で調べたら、是非教えてください。)

参考:
ラドン温泉と健康(原子力図書館げんしろうより)
ラジウム泉・ラドン泉(北海道経済産業局より)
「ラドン温泉」「ラジウム温泉」ってなに?(みえ保環研ニュースより)

◆ではお得な情報も。日帰り温泉施設 岩風呂にはお得なクーポン券があるので、行かれる際は是非プリントして持参ください。(利用すると次回使える割引クーポンをもらえますが、最初から持参して行くほうがもちろんお得です。)
お得なオンラインクーポン

◆余談ですが、この猿投温泉は地元開催の愛知万博の時、観光客増加を期待していたら、普段利用していた周辺地域のリピーターが、混雑を敬遠して行かなかったため、ガラガラで、慌ててどこかの駅で宣伝をしていたややキリギリス的な温泉だったりします。

◆最後に、岡崎に住んでいる我が家でも泊まったことがあるくらい”温泉”には定評があるところです。宿泊の検討には、宿の直接予約から旅行代理店のプランまで比較するのに便利な“とまりん”シリーズをどうぞ。

【ホテル金泉閣への宿泊なら】
とまりん岡崎近郊:猿投温泉ホテル金泉閣

【周辺旅籠】
とまりん宿泊 岡崎近郊
とまりん宿泊 岡崎宿
もう安全 岡崎の耐震偽装問題ホテル
スポンサーサイト
岡崎周辺の温泉を紹介する”はいりん温泉”。今回は純情きらりのロケ地「竹千代橋」ときよし師匠という最高のフリから紹介する「竹千代温泉」です。

基本情報
温泉名 岡崎竹千代温泉 湯の里 賀勝苑
住所 愛知県岡崎市山綱町上中野5-129
電話番号 0564-48-8000
ホームページ なし
温質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
入湯料
(大人)
1500円

アクセスガイド
地図 ピンポイント
広域
駐車場 200台
アクセスポイント (岡崎方面から)国道1号線を豊橋方面へ進み、「本宿町沢渡」交差点右折。名鉄本宿駅まで行ったら行きすぎです。

旅ガイド
近くの純情きらりロケ地 純情きらり未来ロケ地 旧本宿町役場など多数
近くの観光地 ・法蔵寺 ・一畑山薬師寺 ・藤川宿

きらり情報
竹千代温泉にまつわる想い出 今から何年前のことでしょう、「岡崎に温泉が出た!」この情報が市内に流れたとき、岡崎市民は「観光の弱い岡崎に救いの神」と両手を挙げて喜びました(きっと)。でも完成して市民に冷めた空気が走りました(きっと)。だって、1500円もするんだもん。(日本三大美人の湯といわれる龍神温泉と同じ泉質だとアピールしているんだけど、本当の美人の湯「龍神温泉」なら500円ぐらいで入れるよ(私が行ったときの記憶)・・・。)
お得な情報 そんな思い出のある竹千代温泉を今回なぜ取り上げるのか・・・それはお得なクーポンを発見したからです。せっかく岡崎に来たんだから岡崎の天然温泉を入ってみたい方は是非活用ください。 ・まずは、前回紹介した岡崎市役所観光課と岡崎市商工会議所のきらり岡崎発行の「岡崎いいじゃんガイドブック」に「通常入館料1500円を20%割引」のクーポンが付いてます。詳細は前述の記事「「とくとくクーポン券」で得しよう!」をみてみりん。
・もうひとつ、インターネットからでも、クーポン検索サイト【タウンピタ】から岡崎竹千代温泉 湯の里 賀勝苑で「入館料(大人)20%off」クーポンが印刷できます。

【関連記事】 【28日放映(東海限定)】岡崎にキヨシやってきたよ!
長らくお待たせしました。「火の山」のお告げにより本を読むより先に「温泉」を紹介しなければならなくなったまま、もうどれくらいの時間が過ぎたことでしょう。「結局「火の山」あきらめたんだ」と勘違い?する人が続出する前に何とか開始しまーす。
今回は「天然温泉かきつばた」。なぜ、最初の温泉紹介が「岡崎市」でなくていきなり「刈谷市」なのか?その理由はそのうちきっと伝わる!?と思います。

 基本情報
温泉名 天然温泉かきつばた
住所 愛知県刈谷市東境町吉野55番地
電話番号 0566-35-5678
ホームページ 天然温泉かきつばた
温質 ナトリウム-塩化物温泉
(弱アルカリ性高張性温泉)
入湯料
(大人)
800円

 アクセスガイド
地図 ピンポイント
広域
駐車場 600台
伊勢湾岸自動車道 刈谷PA(刈谷ハイウェイオアシス)に停めて目の前
一般道 天然温泉かきつばた」ホームページ参照
アクセスポイント ・伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシス内にありますが、一般道からも行けます。ただし、地元でない人が迷わずたどり着くのは容易ではなさそうです。アドバイスとしては「伊勢湾岸自動車道」の途中のPAにあるのだから目印は「伊勢湾岸自動車道」そのもの。「伊勢湾岸自動車道」の「豊明IC」と「豊田南IC」の真ん中ぐらいの位置で、「上り」側にあることを意識して運転されるとよろしいかと思います。
・「純情きらり」の八丁味噌蔵や岡崎公園などから一般道では4、50分くらいとちょっと遠いので、あくまで名古屋方面に「伊勢湾岸自動車道」帰られる人をターゲットに書きます。

 旅ガイド
近くの観光地 刈谷ハイウェイオアシスにはたくさんのみどころがありますので、逐次紹介していきます。
・小堤西池 カキツバタ群落
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。