宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

原作「火の山―山猿記」-「火の山―山猿記」きらり旅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国「火の山」ファンのみなさまお待たせしました。今日の「風林火山」紀行で甲府善光寺を見て、きらり旅でまだ紹介していなかったことを思い出しました。

純情きらりの原作である「火の山-山猿記」で桜子や有太郎が母マサと善光寺(=A)参りする話はどこかで書きましたが、小説ではその長野の善光寺(=A)をマサが行きたがっている理由として、甲府善光寺(=A’)を見てAが見てみたくなったんじゃないかと有太郎が推測するおもしろい場面が描かれています。

甲府善光寺
善光寺A’


私はこの場面を読んで、マサに長野善光寺(=A)を期待させた甲府善光寺(=A’)を見てみたくなったのできらり旅してみたのでした。
スポンサーサイト
今日の風林火山で諏訪氏が出てきたのに触発されて、ひさびさに「火の山―山猿記」きらり旅のつづき。

太平洋戦争がマサに始まろうとする年、勇太郎は桜子を伴って母マサの希望で善光寺参りの旅をします。その帰路は桜子の主張で諏訪湖が見れる篠ノ井線になりました。
諏訪湖
諏訪湖

車窓は車窓でもこちらは中央道の諏訪SAからの車窓でした。

どうしても諏訪湖を見ると南野陽子姫を思い出してしまうのは大河ドラマの見すぎでしょうか?
さあ、「穴があったら入りたい」のコ-ナーがやってきました。(自作自演ではないよ。)

龍宮洞穴でとんだハプニングがあったにもかかわらず、由紀子がどうしても行きたかったという“鳴沢氷穴”です。



鳴沢氷穴入口


(いまでは“観光用”だけれども、)ちゃんと氷も貯蔵されていて、頭を冷やすにはうってつけのところだったりする。

なお、鳴沢氷穴は「足元にご注意ください」といわれていても滑ってしまいそうで、くれぐれも足元に気をつけて・・・と思うと今度は頭をぶつけてしまいそうになる ような大変恐ろしいところです。
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。