宮崎あおいさん結婚おめでとう!井川遥どんも寺島しのぶさんも皆さんお幸せに。

徳川300年の最後がわかる平成20年NHK大河ドラマ『篤姫』の情報は篤姫☆きらり旅にピックアップしています。

ホンモノの『篤姫』キャスト⇒「篤姫」出演者公式サイトリンク集

純情きらりネタ-銭谷チーフP講演会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイン桜子はなぜ「ジャズ」ピアニストを志すのか?

「純情きらり」チーフ・プロデューサー銭谷さん曰く、クラッシックは暗いイメージ、JAZZのがいい!って。

つづく

-伝え聞いた内容なので、間違っていたら指摘してくださいね。-

-―――――――――――――――――――――
【関連記事】
【続報】純情きらりチープロ講演会内容:石か味噌か幻か?
【続報】純情きらりチープロ講演会内容:岡崎決定秘話
【続報】純情きらり・チープロ講演会:舞台裏話
【速報】純情きらりチーフ・プロデューサー講演会内容
純情きらり記念チーフ・プロデューサー講演会
スポンサーサイト
2/6に行われたNHK連続テレビ小説「純情きらり」チーフ・プロデューサー銭谷さんの講演会、終始なごやかなムードで行われ、「今日お話した話は皆さんに教えて上げてください」と言って銭谷さんは壇上を後にした。裏話も包み隠さずオープンにしていいその寛大な姿勢は、さすが公共放送と聴講者が改めて認識できる一場面であったし、定員150人を超える170人もの聴講者の中には、やっぱり受信料も払わなきゃ!と思った人もいたかもれない。

 その時、司会者より八丁味噌カクキューの若旦那の紹介があった。場内がざわめく中、壇上に上がった若旦那は「純情きらりのカクキューエピソード」を語り始めた。

NHK連続テレビ小説が岡崎の八丁味噌蔵の娘を舞台にやることが発表されると、若旦那のもとには問屋などから電話が殺到した。

(「若旦那、良かったですね。これからガッポリ儲けましょ!イッヒッヒッ。」と言ったわけではなく、)

「若旦那、「八丁味噌」ってただの「岡崎の味噌」だったんですか?」

とブランド低下を懸念する電話だったのだ。

(若旦那は暗に、うちの商品はそれだけブランド力があるのだよと言いたかったのかもしれないが、少なくとも教えてくれたは人は真に受けていたよ・・・)

そんな折、カクキュー内の味噌蔵で撮影が行われた。最大のヤマ場は美山加恋(みやまかれん) ちゃん扮するヒロイン桜子が誤って味噌桶に落ちてしまうシーン。一発勝負のこのシーンは無事終わったのだが、若旦那のカクキュー=早川家には事前に、おそらく歴史ある早川家始まって以来初の珍依頼があったのだ。それは味噌まみれの加恋ちゃんに早川家のお風呂を貸して上げることだった。

「他人にお風呂を貸してあげたことは今までなかったのでいい記念になった。」

つづく(講演会にもどる)

-聞いた人があんまりはっきり憶えていないので、一部想像で加筆しました。(正直、想像しすぎました。)史実と異なる可能性がありますので真剣に読まないでくださいよ。-

――――――――――――――――――――――
【関連記事】
【続報】純情きらりチープロ講演会内容:石か味噌か幻か?
【続報】純情きらりチープロ講演会内容:岡崎決定秘話
【続報】純情きらり・チープロ講演会:舞台裏話
【速報】純情きらりチーフ・プロデューサー講演会内容
純情きらり記念チーフ・プロデューサー講演会
さて、舞台は岡崎で行こうと決めたところで、「純情きらり」チーフ・プロデューサー銭谷さんは考えた。主人公はお店屋の娘という設定にしよう。

そこで、岡崎には八丁味噌だけでなく、石製品生産も有名なので候補に挙がったが、スタジオで石を削ったりするのを撮影するのは大変だからとyめた。

(良質な花崗岩が取れる岡崎は、灯籠や彫刻の生産では全国一なのです。石屋さんが並ぶ通りには石の彫刻がごろごろしています。)

ちなみに、撮影に使った八丁味噌の樽は本当の職人さんに依頼しました。

つづく

-伝え聞いた内容なので、間違っていたら指摘してくださいね。-

―――――――――――――――――――――
【関連記事】
【続報】純情きらりチープロ講演会内容:岡崎決定秘話
【続報】純情きらり・チープロ講演会:舞台裏話
【速報】純情きらりチーフ・プロデューサー講演会内容
純情きらり記念チーフ・プロデューサー講演会
篤姫☆きらり旅/ (ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。